*

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから突如の夭折等想定外の出来事の発生率を極力抑える進化を遂げた哺乳類の1種である。 男性の性染色体(遺伝子情報の運び手。遺伝子情

続きを見る

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧 不妊症とは 不妊症とは? 不妊症の患者数 女性の不妊 男性の不妊 不妊症と

続きを見る

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣、子宮、精巣等各生殖器官の問題の結果、引き起こされた1種の状態を示す言葉である。 よって、定期的な交接を持ちコンドームや殺精

続きを見る

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約1割が妊娠しづらいことに悩んでいるとも言われている。 妊娠しても胎児が適切に育たず、時を経て流産してしまう不育症の患者も含め

続きを見る

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守り育てるいわばゆりかごである子宮等様々なパーツからなる生殖器官をもっている。 男性に比べ全身のラインが柔らかく丸みを帯びてい

続きを見る

男性の不妊

生殖は男女両性が協力して行い、その結果得た子供を共に守り育てていくための第1歩である。 すべての子供ができないカップルのうち、半数近くが男性側に原因があると言われている。 男性不妊の原因は

続きを見る

不妊症の原因

子がなくて悩む人の数は多いが、その原因は人それぞれであると言われている。 よく取りざたされるのは精子を作り、それを適切に排出するための男性機能の不全や、卵子を作り、排卵し受精をした暁には大切に保

続きを見る

老化と不妊症

母親となる女性の年齢が高くなると、出産時、母体及び胎児への負担がかかりやすくなると言われている。 わが国では35歳以上が高齢出産とされているが、妊娠の時点から高年齢は不利な条件となりやすい。

続きを見る

性感染症と不妊症

不妊症の原因としてしばしば取り上げられるもののひとつに性感染症、略号STDがある。 性感染症とは性行為に際の皮膚接触(ケジラミなど)や粘膜同士の接触によって感染することがある感染症のことである。

続きを見る

卵子が着床しない – 不妊症の原因は

子を授からないと聞くと卵子や精子自体の問題を考えてしまうが、不妊症の疑いで検査をしてみても男女ともに生殖細胞に問題が見つからないことがある。 きちんと成熟した卵が排卵されていて、精子の数も、運動

続きを見る

無排卵症 – 不妊症の原因は

健康な女性の身体は月にひとつずつ卵子を子宮に送り出す排卵を起こす。 基礎体温を測っている人は勿論、そうでない人もこの前後には体調や精神状態が切り替わることが多く、何となく「タマゴの日だな」とわか

続きを見る

無精子症 – 不妊症の原因は

男性が1回に排出する精子の数は少なくとも1億、多くて4億前後だと言われている。 数だけを見ると凄まじい量に思えるが、精子自体の重量はきわめて軽い。 世界保健機関によると1回に排出される精液

続きを見る

妊娠とは

妊娠は「はらむ」という読みの言葉をふたつ重ねて書く言葉である。 このふたつの文字は両方とも女性がその胎に子を宿すことを意味する文字である。 同じ「はらむ」と言う読みをする文字はもうひとつ孕

続きを見る

生物と妊娠 – 妊娠のメカニズムと不妊症

双生児等の例外を除けば私達ヒトは通常、1回の分娩で1人の子を産む。 他に馬や牛、イルカ、象なども1回の分娩で生まれる子供の数は通常1匹ないし1頭である。 ひとつの受精卵を体の中で大事に大き

続きを見る

卵子とは – 妊娠のメカニズムと不妊症

人間が保有するすべての細胞のうち、性染色体Xの遺伝子情報を持ち、精子と結び合わされることで細胞分裂を起こし、体の各部を作っていく細胞の事を卵細胞と呼ぶ。 精子と対になるように卵子と呼ばれることも

続きを見る

精子とは – 妊娠のメカニズムと不妊症

精子とは男性の染色体情報を搭載した生殖細胞である。 精子自体は大変小さいが長い尾によって卵子までたどり着く能力を持っている。 男性の精液は言語によって表記がわずかに違うが英語やドイツ語等「

続きを見る

月経周期と妊娠 – 妊娠のメカニズムと不妊症

子を授かることを望むカップルの多くがまず試すのがタイミング法と呼ばれる月経周期を利用した妊娠確率の上昇法だ。 月経とは女性の身体が子供を育てるために蓄えた子宮内膜の栄養と排卵して時間が経った卵子

続きを見る

不妊症と少子高齢化

結婚にまつわる歴史を紐解いてみると必ずレビラト婚と言う言葉が出てくる。 これは子供を持たずして亡くなった兄弟の妻(つまりは義妹や義姉)を娶る形の婚姻制度である。 慣習的にこの女性によって得

続きを見る

卵子は暖かいのが好き? – 妊娠のメカニズムと不妊症

私達の体表面は普段35度台から37度台にその温度を保たれている。 外気にさらされない口の中や直腸の温度はそれよりやや高く、膣も体表よりは温度が高くなる。 排卵前は女性の体温は平熱に近い状態

続きを見る

涼しいのが好きな精子 – 妊娠のメカニズムと不妊症

パートナーを妊娠させられるかは男性の精液に含まれる精子の数の多寡と、その精子がいかに元気に活動できるかによって決まると言われている。 小中高の保健体育の授業のスライド等で精子が尾を使って動く画像

続きを見る

不妊症の治療法

別項「不妊症の原因」にて記述した通り子を授からない理由は千差万別である。 そのため、治療を受ける際には産婦人科医に相談しながら自分の体調や懐具合に合った治療法を選ぶ必要がある。 不妊症治療

続きを見る

漢方と不妊症

漢方薬と言うとこれからの時期、多くの人が風邪薬としてお世話になる葛根湯や高麗人参等が思い出される。 しかし、漢方薬の得意分野は風邪のような急性の症状を示すものだけではない。 漢方には補薬と

続きを見る

鍼灸と不妊症

鍼灸は大陸から伝わった東洋医学に基づく民間療法のひとつである。 身体の外側から弱い刺激を与えて血流の障害などを改善する治療法である。 薬の服用とは違い治療を受ける人の年齢や状態をあまり選ば

続きを見る

体外受精 – 不妊症の治療法

体質改善、排卵誘発剤など様々な治療法を試してみても子を授かれなかった人が最終的に選ぶ治療手段のひとつが人工授精である。 人工授精には女性の子宮内の卵子の傍に男性の精子を注入する手法で体内で受精さ

続きを見る

体外受精の問題点 – 不妊症の治療法

体外受精は他の治療法より高い確率で子を得ることができる手法だと言われている。 しかし、技術としてまだ新しく費用が掛かることや、採卵の際の違和感(針自体は痛みを生じさせないそうだ)などが出る可能性

続きを見る

治療費は – 不妊症の治療法

不妊治療の費用は人によって異なる。 子宮内膜症や子宮筋腫等が原因で無排卵となっている場合は漢方薬を保険適用内で処方してもらえることもあるが、実際殆どの不妊治療は公的保険の保護の外にある。

続きを見る

治療は長期戦? – 不妊症の治療法

不妊治療に成功して子を授かるためには往々にして長い期間がかかることがあると言われている。 まずは不妊症であることを確定するために、精液や卵子や関連組織の検査を行わなければならない。 特定の

続きを見る

最近の人は性に無関心? – 不妊症エトセトラ

近年では性風俗や各メディア等で過剰な表現がされているためか「性」もしくは「性行為」はいやらしく不謹慎なことととらえられがちである。 どうしても生殖機能の話などが伴いがちな不妊症の話も周囲にはし辛

続きを見る

オギノ式とは – 不妊症エトセトラ

筆者は現ローマ教皇ベネディクト16世聖下が即位された日の報道を今でもよく覚えている。 テレビ画面の端で頭を抱えるフランス人の男性。 曰く「コンドームも駄目だなんてあんまりだ」この男性には大

続きを見る

ダイエットに気を付けて – 不妊症エトセトラ

女性と体重コントロールは切っても切れない関係がある。 特に今妊娠するつもりのない若い世代は少し無理なダイエットをしがちで栄養状態の悪化などによる無月経等生殖機能の問題を抱えてしまっている人も少な

続きを見る

妊娠しやすい体を作るために – 不妊症エトセトラ

人が自分が望む通りの結果を得るためには他の結果に到る選択肢を手放さなければならない。 幸福は片手で掴まえられるほど軽いものではない。 妊娠を望む人は或る程度それまでの自分の生活習慣を曲げて

続きを見る

そんなに自分を追い詰めないで – 不妊症エトセトラ

不妊症の人に対しては時に体のケアよりも心のケアが必要なことがあると言われている。 私たちは結婚して暫く経った人に「子供はまだなの」「子供はいいわよ」等と安易に声をかけてしまうことがある。

続きを見る

不妊治療について、はじめに

女性の中には、「なかなか子供が授からない」と悩んでいる方もいると思います。 ご夫婦で、「不妊治療をはじめようか」と考えている方もいるかもしれませんね。 お子さんが欲しいのに、なかなか授から

続きを見る

不妊治療 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊治療TOP 不妊治療について、はじめに 不妊治療 カテゴリー コンテンツ一覧 不妊治療にかかる費用 不妊治療にかかる費用の目安 不妊治療にかかる費用の助成金に

続きを見る

不妊治療にかかる費用の目安

「これから、不妊治療に取り組んでみよう」と考えている方もいると思います。 やはり、子供が欲しいという思いは切実なもの。 「辛い検査をしてでも、治療をしてでも、しっかりと取り組んで、わが子に

続きを見る

不妊治療にかかる費用の助成金について

「不妊治療をしたいけれど、高額な費用がかかるため、チャレンジすることが出来ない」と考えている方もいると思います。 そんな方は、国や自治体による助成金制度を利用してみませんか。 例えば、東京

続きを見る

不妊治療にかかる費用の医療費控除について

「どうしても、子供が欲しい」と考えている方の中には、「どんなに費用がかかっても、不妊治療に取り組んでいきたい」と考えている方もいると思います。 不妊治療を行うためには、ある程度の費用はかかること

続きを見る

不妊治療にかかる費用 民間での保険

いざという時のために、「民間の保険に加入している」という方も多いと思います。 生命保険や傷害保険などは、何か合った時には、とても心強いものですよね。 不妊治療を行う際、こういった民間の保険

続きを見る

不妊とは

結婚をし、子供が欲しいと考えている方の中には、「なかなか子供が出来ない」と悩んでいる方もいると思います。 しかし、そんな方の中には「私は、不妊症なのだろうか?」と判断出来ずにいる方もいると思いま

続きを見る

不妊の原因

「子供が欲しくても、出来ない」という悩みを抱えている方も多いと思います。 どんなに子供が欲しくても、授からないというのは辛いものですよね。友達や職場の方などが、次々と妊娠していくのを、「羨ましい

続きを見る

不育症・習慣性流産

「なかなか、子供が授からない」と悩んでいる方も増えてきている今、実は妊娠してもお腹の中で、赤ちゃんが育つことが出来ず、流産、死産などを繰り返している方も増えてきています。 こういった症状は、まだ

続きを見る

不妊の検査・診断

不妊で悩んでいる方も多いと思いますが、不妊の治療を行っていくためには、まずはどういったことが原因となり、不妊となっているのか、原因を調べていく必要があります。 では、不妊の検査や診断について、ご

続きを見る

妊娠しやすい体つくり

「なかなか子供を授からない」と悩んでいる方、「将来的には、子供が欲しい」と考えている方は、普段から妊娠しやすい体作りを行っていくことも大切となります。 不妊治療では、様々な治療方法を取り入れてい

続きを見る

不妊の社会的支援

「本格的に、不妊治療に取り組んでいこうかなぁ」と考えている、ご夫婦の方もいると思います。 しかし、いざ不妊治療を行おうと考えると、「費用が、不安」と考えている方も多いと思います。 不妊治療

続きを見る

二人目不妊

お子さんが一人いるご家庭の中には、「そろそろ、二人目が欲しい」と思われている方も多いと思います。 一人子供がいる場合には、「いつでも、また子供を作ることが出来るだろう」と思っていた方が多いと思い

続きを見る

不妊と排卵障害

不妊に悩んでいる方の中には、「排卵障害を起こしている」という方もいると思います。 こういった排卵障害は、どういったことから行っているのでしょうか。 まず、排卵が起こらない状態の場合には、妊

続きを見る

不妊と卵管障害

「不妊で悩んでいる」という方、今は増えてきていますよね。 「不妊かも」と思った時には、まずは一度何が原因となっているのか、検査を行うことが必要となります。 では、女性不妊の原因のひとつ、卵

続きを見る

不妊と子宮着床障害

不妊の悩みを抱えている方も、多いと思います。 まだ、病院などにも行けず、「不妊症かもしれない」と悩んでいる方もいるかもしれませんね。 では、女性不妊の場合の不妊の原因のひとつ、子宮着床障害

続きを見る

不妊と頚管因子障害

不妊症で悩んでいる方の中には、「どうして、子供が出来ないのだろう?」と不安に思っている方も多いと思います。 不妊症の第一歩は、病院でどういったことが原因となっているのか、調べることが大切となるで

続きを見る

基礎体温と不妊検査

「子供が欲しい」と考えている女性の方の中には、「一度病院で、しっかりと検査をしてもらった方が良いだろう」と考えている方も多いと思います。 検査を受けるのは、なかなか勇気のいるもの。 でも不

続きを見る

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑