*

不妊と造精機能障害

「不妊で悩んでいる」というご夫婦の中には、旦那さんはまだ検査を行っていないというご家庭もあると思います。

「不妊は、女性側に原因があるだろう」と決めつけている方も多いと思いますが、男性不妊という可能性もあります。

不妊治療を行うのであれば、男性側も検査を行った方が良いでしょう。

では、男性不妊の原因のひとつ、造精機能障害について、ご紹介しましょう。

造精機能障害とは、精子を造る際、何らかの障害があることをいいます。

造精機能障害は、実は男性不妊の原因として90パーセントも占めているもの。

精子の数が少なくなってしまう、乏精子症の場合には、一定量に存在している精子の数が極端に少なくなってしまいます。

精子の数は、射精の数、その時の体調、ホルモンのバラスなどにより異なってきますが、1mlには5,000から2,000万匹以下の場合には、この乏精子症と判断されることになります。

また、無精子症の場合には、精液中に精子が存在しない状態。

無精子症の場合には、精巣に造精機能がない状態となっている非閉塞性無精子症と、造精機能のある非閉塞性無精子症があります。

非閉塞性は、子供の頃におたふくかぜなどにかかり、光熱などを出した際に、精巣機能が低下してしまったこと、投薬治療などでの副作用によること、などが原因となっていることもあります。

男性の場合には、こういった検査を受けることは、かなりのストレスとなる方が多いと思います。

しかし、不妊治療を行っていくためには、原因を追求する必要がありますので、こういった検査も必要となるでしょう。

関連記事

不妊と性機能障害

不妊で悩んでいる方の中には、「女性側に、原因があるだろう」と考えている方も多いと思います。 し

記事を読む

不妊と精管通過障害

男性の方の中には、「もしかしたら、自分が原因で妊娠に結びつかないのでは?」と不安に思っている方もいる

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑