*

不妊と子宮着床障害

不妊の悩みを抱えている方も、多いと思います。

まだ、病院などにも行けず、「不妊症かもしれない」と悩んでいる方もいるかもしれませんね。

では、女性不妊の場合の不妊の原因のひとつ、子宮着床障害について、ご紹介しましょう。

通常、妊娠をする際には、受精卵が子宮内膜に張り付くことで、妊娠と判断されることになります。

子宮着床障害の場合には、この着床の段階で障害があることになります。

受精が成立して、子宮腔まで受精卵が移動しても、着床することが出来ません。

どうして、こういった子宮着床障害が起こってしまうかというと、1番の理由として、子宮内膜の状態が考えられます。

子宮内膜の厚さ、状態によっては、着床することが出来ないといこと。

ホルモンの分泌が十分行われていない場合、黄体ホルモンの分泌が十分でない場合には、子宮内膜の厚さが足りず、着床しにくい状態となります。

子宮内膜は、6mm以下の場合には、子宮着床障害、もしくは黄体機能不全と診断されることになります。

子宮着床障害の場合には、どういった治療を行っていくかというと、プロゲステロン、エストロゲンなどを補充していく治療法を行っていくことになります。

これらの治療の際には、ホルモンバランスを崩さない様に、普段の生活に注意する必要があります。

喫煙、運動不足、不眠不足、暴飲暴食、ストレスなどは、ホルモンバランスを乱してしまうことになりますので、注意しながら生活を行う様にしましょう。

関連記事

不妊と排卵障害

不妊に悩んでいる方の中には、「排卵障害を起こしている」という方もいると思います。 こういった排

記事を読む

不妊と卵管障害

「不妊で悩んでいる」という方、今は増えてきていますよね。 「不妊かも」と思った時には、まずは一

記事を読む

不妊と頚管因子障害

不妊症で悩んでいる方の中には、「どうして、子供が出来ないのだろう?」と不安に思っている方も多いと思い

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑