*

不妊の社会的支援

「本格的に、不妊治療に取り組んでいこうかなぁ」と考えている、ご夫婦の方もいると思います。

しかし、いざ不妊治療を行おうと考えると、「費用が、不安」と考えている方も多いと思います。

不妊治療を行っていくためには、治療によっては高額な費用が必要となります。

例えば、初期の不妊治療としては、タイミング法、検査などを除き、ほとんどの治療方法が保険適用外となっています。

支払は、全て自己負担ということ。

人工授精を行った場合には、1回に1万円から3万円程度の費用がかかることになります。

体外受精を行うとなれば、1回25万円から45万円と高額の費用がかかることになります。

これだけの費用がかかるとなると、どんなに不妊治療を行いたくても、「諦めるしかない」という方が出てしまうということ。

実は、こういった高額な治療費のために、現在は特定不妊治療助成金というものがあります。

この特定不妊治療助成金は、平成16年から少子化問題として取り入れた制度。

体外受精、顕微授精などの不妊治療を受けた場合には、国と自治体により補助が行われることになります。

体外受精、顕微授精の場合には、1回につき15万円の助成となっており、1年度に2回、通算5回受けることが可能となっています。

このように、今では不妊治療に取り組む方は、特定不妊治療費助成金を受けることが可能となっています。

「費用が高いから」と諦めていた方も、この助成金を利用することで、不妊治療をはじめられますよ。

関連記事

不妊の原因

「子供が欲しくても、出来ない」という悩みを抱えている方も多いと思います。 どんなに子供が欲しく

記事を読む

二人目不妊

お子さんが一人いるご家庭の中には、「そろそろ、二人目が欲しい」と思われている方も多いと思います。

記事を読む

不妊とは

結婚をし、子供が欲しいと考えている方の中には、「なかなか子供が出来ない」と悩んでいる方もいると思いま

記事を読む

不育症・習慣性流産

「なかなか、子供が授からない」と悩んでいる方も増えてきている今、実は妊娠してもお腹の中で、赤ちゃんが

記事を読む

妊娠しやすい体つくり

「なかなか子供を授からない」と悩んでいる方、「将来的には、子供が欲しい」と考えている方は、普段から妊

記事を読む

不妊の検査・診断

不妊で悩んでいる方も多いと思いますが、不妊の治療を行っていくためには、まずはどういったことが原因とな

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑