*

不妊治療にかかる費用の目安

「これから、不妊治療に取り組んでみよう」と考えている方もいると思います。

やはり、子供が欲しいという思いは切実なもの。

「辛い検査をしてでも、治療をしてでも、しっかりと取り組んで、わが子に会いたい」と考えている方が多いと思います。

しかし、不妊治療を行っていくためには、ある程度の費用は覚悟しておく必要があります。

では、不妊治療を行っていくためには、どのくらいの費用がかかるのか、ご紹介しましょう。

不妊治療は、基本保険適用外の治療が多くなります。そのため、自己負担となってしまうため、高額な費用負担が必要となります。

治療内容によって、クリニックによっても、費用は異なってきますが、例えば体外受精や顕微授精などを行う場合には、1回で30万円程度を目安として考えておいた方が良いでしょう。

また、人工授精を行う場合には、1回で2万円から3万円程度が目安となっています。

ここで注意が必要なのは、この治療を行ったからといって、必ず妊娠に繋がるという訳ではないということ。

30万円をかけて、体外受精などを行っても、妊娠しないこともあります。

そうなれば、数回の体外受精を行うことになり、60万円、90万円と費用がかかることになります。

何度行っても、妊娠しない方もいますので、そういったことも頭に入れて置いた上で、治療を進めていく必要があります。

今では、国や自治体による助成制度もありますので、こういったものを活用させて、無理ない治療を進める様にしましょう。

関連記事

不妊治療にかかる費用 民間での保険

いざという時のために、「民間の保険に加入している」という方も多いと思います。 生命保険や傷害保

記事を読む

不妊治療にかかる費用の医療費控除について

「どうしても、子供が欲しい」と考えている方の中には、「どんなに費用がかかっても、不妊治療に取り組んで

記事を読む

不妊治療にかかる費用の助成金について

「不妊治療をしたいけれど、高額な費用がかかるため、チャレンジすることが出来ない」と考えている方もいる

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑