*

不妊治療にかかる費用の助成金について

「不妊治療をしたいけれど、高額な費用がかかるため、チャレンジすることが出来ない」と考えている方もいると思います。

そんな方は、国や自治体による助成金制度を利用してみませんか。

例えば、東京都の場合には、特定不妊治療として顕微授精や体外受精を行った場合には、1回の治療につき15万円を上限とし、助成金を受けることが出来ます。

年2回までの申請と制限はありますが、通算5年間受けることが出来ます。

全ての費用を自己負担と考えると、かなりの高額となってしまいますが、これだけの助成金を受けることが出来れば、1度はチャレンジすることが出来るのではないでしょうか。

助成金を受ける際には、東京都内に住所があることや、医師による顕微授精や体外受精での妊娠は難しいと判断された場合、夫婦の所得が合算730万円未満などの条件を満たすことが必要となります。

単身赴任の場合、夫婦の居住地が違う場合には、「2箇所に申請が出来るのでは?」と思われる方もいると思いますが、申請は同時に2箇所に申し込むことは出来ません。

このように、各都道府県にて、こういった助成金制度を取り入れています。

金額や条件などに関しては、それぞれ異なってきますので、一度お住まいの市役所、区役所などで確認するようにしましょう。

この助成金は、病院への治療費は一度自分で負担を行い、その後自治体などに申請することになりますので、治療の際には一度費用は準備しておく必要があります。

関連記事

不妊治療にかかる費用 民間での保険

いざという時のために、「民間の保険に加入している」という方も多いと思います。 生命保険や傷害保

記事を読む

不妊治療にかかる費用の医療費控除について

「どうしても、子供が欲しい」と考えている方の中には、「どんなに費用がかかっても、不妊治療に取り組んで

記事を読む

不妊治療にかかる費用の目安

「これから、不妊治療に取り組んでみよう」と考えている方もいると思います。 やはり、子供が欲しい

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑