*

精巣検査と不妊検査

不妊治療は、夫婦で協力をして進めていく必要があります。

その一歩としては、夫婦ともに検査を行うということではないでしょうか。

男性の場合には、「検査に、抵抗がある」という方も多いと思いますが、不妊治療を行うのであれば、女性だけではなく、男性も検査を行う必要があります。

では、男性の不妊治療の検査のひとつ、精巣検査について、ご紹介しましょう。

こちらの精巣検査は、精液検査により無精子症や重度乏精子症などの結果が出た場合に行われる検査となります。

どういった検査かというと、精子を造っている卵巣を検査していくことになります。

この検査は、睾丸の皮膚を切開し、卵巣の組織を摘出し、検査を行っていくことになります。

直接、細胞組織を調べていくことになりますので、より詳しく精子がいるのかどうか、造精の能力の有無などを調べていくことが出来ます。

この時、1匹でも精子が見つかれば、その精子を冷凍保存することで顕微授精に備えることも出来ます。

お子さんが欲しいと願っている方にとっては、「この検査まで、しっかりと行いたい」と考える方もいるでしょう。

しかし、中には「ここまでは、行いたくない」という方もいると思います。

女性の場合にも同様に、不妊治療は痛みやストレスを抱えることとなります。

そのため、夫婦でどこまでの検査を行っていくのか、どこまでの治療を行っていくのか、ゆっくりと時間をかけて話し合っていく必要があります。

どちらかでも、辛い思いをする様であれば、無理に行うことはストレスにつながり、逆に不妊に原因を作り出してしまいますので、焦らずにゆっくりと進める様にしましょう。

関連記事

超音波検査と不妊検査

男性の方の中には、「不妊治療は、女性が治療をするもの」と思い込んでいる方も多いと思います。 し

記事を読む

精液検査と不妊検査

不妊治療というと、「女性が行うもの」と考えている方も多いと思います。 しかし、不妊の原因は男性

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑