*

超音波検査と不妊検査

男性の方の中には、「不妊治療は、女性が治療をするもの」と思い込んでいる方も多いと思います。

しかし、不妊の原因は男女ともに、同様に考えられます。

そのため、男性も同じように検査を行っていく必要があります。

では、男性の不妊治療で行われる検査のひとつ、超音波検査について、ご紹介しましょう。

男性の超音波検査の場合には、陰嚢に当てて、精巣をモニターに映し出して検査を行っていきます。

超音波検査となっていますので、痛みやかゆみなどはありませのんで、気軽に受けられる検査となります。

この検査により、精巣の上下や左右、などを測ることが出来、体積計算なども行うことが出来ます。

この検査により、精索静脈瘤の有無や精路閉塞などがないかを、検査することが出来ます。

精子の通り道となっている精路が詰まってしまっている場合には、精管が太くなってしまったり、精巣の上部が腫れていることもあります。

「痛みなどは、あるのだろうか?」と不安に思う方もいると思いますが、痛みなどはなく、気軽に受けることの出来る検査となります。

男性不妊の場合には、精巣腫瘍などのリスクが高いといわれています。

しかし、これらは自覚症状がないため、万が一精液などに違和感を感じている方の場合には、一度泌尿器科などで超音波検査を行っておいた方が良いでしょう。

このように、男性の場合にも不妊治療の検査として、超音波検査が行われることもあります。

男性の場合には、まだまだ抵抗がある方も多いと思いますが、不妊治療は夫婦で取り組んでいく必要がありますので、二人で協力をして取り組んでいきましょう。

関連記事

精巣検査と不妊検査

不妊治療は、夫婦で協力をして進めていく必要があります。 その一歩としては、夫婦ともに検査を行う

記事を読む

精液検査と不妊検査

不妊治療というと、「女性が行うもの」と考えている方も多いと思います。 しかし、不妊の原因は男性

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑