*

子宮卵管造影検査と不妊検査

不妊治療を行なっていく場合には、不妊の原因を調べるためにも、様々な検査を行っていくことになります。

基礎体温や血中ホルモン測定検査、クラミジア検査などを行い、異常が見られなかった場合には、更に詳しく検査を行っていくことになります。

では、その中の検査のひとつ、子宮卵管造影検査について、ご紹介しましょう。

子宮卵管造影検査は、子宮から卵管が詰まっていないか、通水検査、通気検査などを行っていくことになります。

子宮にカテーテルを入れ、造影剤を注入して液の流れていく様子を検査していくことになります。

この検査では、子宮筋腫の有無や、2つ子宮がある分離重複子宮、子宮に壁のある中隔子宮、双方子宮なども確認することが出来ます。

造影検査ということで、「放射線を使用して、子宮などに影響はないのだろうか」と心配になる方もいると思いますが、卵管造影検査に用いられている放射線などは、排卵前の卵子には影響はありませんので、安心して検査を受けることが出来ます。

もしも、卵管が詰まっている場合には、造影剤が入っていかないなどで、確認することが出来ます。

通水検査、通気検査の場合には、左右のどちらの卵管が詰まっているのか確認することが出来ません。

しかし、卵管造形検査の場合には、左右のどちらが詰まった状態となっているかなど、詳しく検査を行っていくことが出来ます。

この検査は、中水性造影剤を用いることで、痛みを強く感じたり、発熱などを伴う方もいます。

しかし、この検査により詰まりが解消され、検査後に妊娠に繋がる方もいます。

関連記事

尿中LH検査と不妊検査

不妊治療を行っていくためには、まずは不妊の原因がどういったことから来ているのか、調べていく必要があり

記事を読む

クラミジア検査と不妊検査

不妊治療のためには、まずは何が不妊の原因となっているのか検査を行い、調べていく必要があります。

記事を読む

超音波検査と不妊検査

女性の方の中には、「周りでは、どんどん子供が出来てきているのに、うちだけどうして出来ないのだろう?」

記事を読む

フーナーテストと不妊検査

不妊治療をしようと考えている方の中には、「これから、検査をしよう」と考えている方もいると思います。

記事を読む

基礎体温と不妊検査

「子供が欲しい」と考えている女性の方の中には、「一度病院で、しっかりと検査をしてもらった方が良いだろ

記事を読む

月経血培養検査と不妊検査

不妊症で悩んでいる方の中には、「普段から、生理に違和感がある」と感じていう方もいると思います。

記事を読む

血中ホルモン測定検査と不妊検査

「子供が欲しくても、なかなか授かることが出来ない」と悩んでいる方の中には、「不妊治療をはじめてみよう

記事を読む

腹腔鏡検査と不妊検査

不妊治療のために、様々な検査を受けている方もいると思います。 不妊症の検査は、様々な種類があり

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑