*

治療費は – 不妊症の治療法

不妊治療の費用は人によって異なる。

子宮内膜症や子宮筋腫等が原因で無排卵となっている場合は漢方薬を保険適用内で処方してもらえることもあるが、実際殆どの不妊治療は公的保険の保護の外にある。

医療で優先されるのは放置すると命に関わる状態、すなわち病気の治療だからである。

どの手法を選択するかによって治療費は異なるが、漢方薬は月数千円から、鍼灸は1時間5000円程度からが相場だと言われている。

人工授精は1回につき数万円、体外受精は初回が数十万円で後は割引制度が適用されることが多い。

これらは決して額の少ない物ではなく、子を望む人たちは経済的にも苦境に立たされることが多い。不妊治療費を出すことができても、妊娠した後の定期検診費用、分娩費用、子供の養育にかかるお金が心配になり諦めてしまう人も少なくない。

子供は大きくなるにつれてお金がかかるようになるが、親は年を経るごとに収入を得られる期間が少なくなっていくからである。

不妊治療を受ける際には将来のことを見据えて少し蓄えを持っておくことが大切だ。

しかし、経済的な障壁があるからと言って諦める必要はない。

少子高齢化対策の一環として体外受精、人工授精などを特定不妊治療に指定し、助成金を出している自治体もあるからだ。

東京都、兵庫県、静岡県などがその代表例であるが、交付の条件は自治体によって異なるので、まずは最寄の窓口に問い合わせてみるとよい。

また、不妊治療専用のローンも民間から出ているので興味のある人は資料を取り寄せてほしい。

関連記事

漢方と不妊症

漢方薬と言うとこれからの時期、多くの人が風邪薬としてお世話になる葛根湯や高麗人参等が思い出される。

記事を読む

不妊症の治療法

別項「不妊症の原因」にて記述した通り子を授からない理由は千差万別である。 そのため、治療を受け

記事を読む

体外受精の問題点 – 不妊症の治療法

体外受精は他の治療法より高い確率で子を得ることができる手法だと言われている。 しかし、技術とし

記事を読む

体外受精 – 不妊症の治療法

体質改善、排卵誘発剤など様々な治療法を試してみても子を授かれなかった人が最終的に選ぶ治療手段のひとつ

記事を読む

鍼灸と不妊症

鍼灸は大陸から伝わった東洋医学に基づく民間療法のひとつである。 身体の外側から弱い刺激を与えて

記事を読む

治療は長期戦? – 不妊症の治療法

不妊治療に成功して子を授かるためには往々にして長い期間がかかることがあると言われている。 まず

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑