*

最近の人は性に無関心? – 不妊症エトセトラ

近年では性風俗や各メディア等で過剰な表現がされているためか「性」もしくは「性行為」はいやらしく不謹慎なことととらえられがちである。

どうしても生殖機能の話などが伴いがちな不妊症の話も周囲にはし辛いのが我が国の現状である。

しかし、性、及び性行為は私達が他者を欲し理解し、両親の性質を引き継いだ次の世代を生み出し、また新たな関係性を築いていくために必要不可欠な要素である。

実のところ子供にも性欲(リビドーと言うのが適切)があると言われており、口唇愛、肛門愛、性器愛など各成長段階にあわせて発達していく。

この欲求は自分の必要と満たすことを快とし、そこから他人の快を推察する力でもある。

精神と体が十分に発達するころになると関心は自分の身体から離れてリビドーは異性への親和欲求の原動力になる。

しかし、現代の若者は2極化して性に非常に無関心であるか、過剰に反応する上に間違った知識の蓄積や行動をしている人が多いと言われている。

性行為以外の快楽が手に入りやすくなったことと、漫画やアニメ、ゲームなどの代替物で関心を或る程度満足させられるようになったこと等が要因だと言われている。

また、男性では失敗してパートナーに嫌われないかと思いつめて性行為に安心感や充足感を持てない為に忌避してしまうことが少なくない。

不妊症の人の中にはセックスレスに悩んでいる人も相当数いるようだ。

現実の異性からの評価に怯える人は、なにか、そう例えば今回取り上げた不妊症等の問題が起きた時にも言い出せず、事態が深刻化してしまうこともある。

パートナーとは本当の意味で安心感や暖かさを分け合い共に問題を解決していける関係を築くことが大切である。

関連記事

妊娠しやすい体を作るために – 不妊症エトセトラ

人が自分が望む通りの結果を得るためには他の結果に到る選択肢を手放さなければならない。 幸福は片

記事を読む

そんなに自分を追い詰めないで – 不妊症エトセトラ

不妊症の人に対しては時に体のケアよりも心のケアが必要なことがあると言われている。 私たちは結婚

記事を読む

ダイエットに気を付けて – 不妊症エトセトラ

女性と体重コントロールは切っても切れない関係がある。 特に今妊娠するつもりのない若い世代は少し

記事を読む

オギノ式とは – 不妊症エトセトラ

筆者は現ローマ教皇ベネディクト16世聖下が即位された日の報道を今でもよく覚えている。 テレビ画

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑