*

不妊症の原因

子がなくて悩む人の数は多いが、その原因は人それぞれであると言われている。

よく取りざたされるのは精子を作り、それを適切に排出するための男性機能の不全や、卵子を作り、排卵し受精をした暁には大切に保護しながら育てていくための女性機能の問題などがある。

卵子、精子ともに、質、量などに異常があると妊娠が起こらなくなることがある。

男性機能、女性機能ともに大変繊細でちょっとしたきっかけで周期が狂ったり、機能が落ちたりしてしまうことがある。

父となる男性、母となる女性共に健康な状態でなければ妊娠の後、健康に育つ子を得ることは難しい。

この健康とは肉体の健全性の問題だけではなく、精神も健やかであることを示す。

生殖機能はストレスの影響を大変受けやすいからである。

また、社会性においてもパートナーと適切に距離を保ち接触する能力があることが親となるためには必要である。

不妊にまつわる事情は複雑で、推論によって一概に誰が悪い、これが原因だと決めつけることはできないし、全くの無意味ですらある。

機能的に問題がなく、ただ単純に性交の回数が少ないために妊娠の機会を喪失していて不妊が恒常的に続くわけではない場合でもでも
その根底には各疾患の炎症による性交痛から風邪などがきっかけになって慢性的な疲労が起き、
性交するだけの体力がない、
飲酒をした状態でパートナーと交接しようとして失敗、
もしくは強い拒否にあいそれ以来相手を求めることができなくなった等精神的な理由まで様々なものがある。

どの状態でも専門家に診察を受け、原因となっている事柄を解決していくことが子を授かるための第1歩だと言える。

関連記事

老化と不妊症

母親となる女性の年齢が高くなると、出産時、母体及び胎児への負担がかかりやすくなると言われている。

記事を読む

卵子が着床しない – 不妊症の原因は

子を授からないと聞くと卵子や精子自体の問題を考えてしまうが、不妊症の疑いで検査をしてみても男女ともに

記事を読む

無精子症 – 不妊症の原因は

男性が1回に排出する精子の数は少なくとも1億、多くて4億前後だと言われている。 数だけを見ると

記事を読む

性感染症と不妊症

不妊症の原因としてしばしば取り上げられるもののひとつに性感染症、略号STDがある。 性感染症と

記事を読む

無排卵症 – 不妊症の原因は

健康な女性の身体は月にひとつずつ卵子を子宮に送り出す排卵を起こす。 基礎体温を測っている人は勿

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑