*

性感染症と不妊症

不妊症の原因としてしばしば取り上げられるもののひとつに性感染症、略号STDがある。

性感染症とは性行為に際の皮膚接触(ケジラミなど)や粘膜同士の接触によって感染することがある感染症のことである。

病巣は性器周辺現われることが多いとされているが、実際に生殖器を触れ合さずとも、オーラルセックス等で口唇、喉などに症状が出ることがある。

また、あらかじめ誤解のないように言い添えるとカンジダ、ヘルペス、淋菌などは私達の身体に常にいるいわゆる常在菌で、風邪や疲労などによって活発化して症状が出ることもある。

感染者が必ず性行為をした結果病気になったと言うわけでないので差別(昔は梅毒などは差別の対象になった。

現在はエイズがその立場になってしまっている)の対象などにしないように。

性感染症のうち、特に不妊を招くと言われている病気は淋菌による淋病とトリモコナス原虫による膣炎である。

どちらも男女両性に寄生するが、男性の場合トリモコナス原虫が長期滞在できる膣のような安定した器官がないために体外に追い出されてしまいやすい。

淋菌は男性の方がぽたぽたと雫のような膿が出て尿道口が痛む等派手な症状が出るが、女性は無症状であることが多く、卵管や卵子が着床すべき子宮の壁に大きな損傷を残すことがある。

両者とも体の中にいる間は手ごわく治りにくいが、体外にいる際にはさほど強い菌ではないそうだ。

心あたりがなくとも検査を受けてから性行為をする、寝具やタオルはまめに薄めた漂白剤につけて殺菌したあと日光に十分さらすと言った対処法で十分に感染を防げるそうだ。

関連記事

不妊症の原因

子がなくて悩む人の数は多いが、その原因は人それぞれであると言われている。 よく取りざたされるの

記事を読む

老化と不妊症

母親となる女性の年齢が高くなると、出産時、母体及び胎児への負担がかかりやすくなると言われている。

記事を読む

無精子症 – 不妊症の原因は

男性が1回に排出する精子の数は少なくとも1億、多くて4億前後だと言われている。 数だけを見ると

記事を読む

無排卵症 – 不妊症の原因は

健康な女性の身体は月にひとつずつ卵子を子宮に送り出す排卵を起こす。 基礎体温を測っている人は勿

記事を読む

卵子が着床しない – 不妊症の原因は

子を授からないと聞くと卵子や精子自体の問題を考えてしまうが、不妊症の疑いで検査をしてみても男女ともに

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑