*

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守り育てるいわばゆりかごである子宮等様々なパーツからなる生殖器官をもっている。

男性に比べ全身のラインが柔らかく丸みを帯びている女性の身体は子を胎内にいるときにも外に出た後も守り、包み込むことができる構造となっている。ただし、産むか産まないかの判断は個人差がある。

女性の側に妊娠をし辛い原因がある不妊症としては、
卵巣機能の障害や卵管の炎症などによって適切に卵が排出されない排卵障害の他に、
排卵された卵が老化や遺伝情報の欠損などによって受精できる能力を保持していない障害、
受精したはいいが子宮壁にきちんと着床せず、体外に受精卵が排出されてしまう着床障害等が挙げられる。

わが国ではどうしても子供ができない理由を女性に求めがちだ。

男性が家に帰らずに仕事に精を出したり、同僚の付き合いにあちこち遊び歩いたりしていても容認されるが、女性が遅くまで帰らずにいると
「たまには旦那さんによくしてあげなよ」
「そんなに仕事ばかりしてたら子供ができなくなっちゃうよ。女の幸せは結局旦那と子供なんだから」
と言う心無い言葉を投げかけられることがある。

筆者は未婚だが、同僚や周囲の人たちに「さっさと結婚しないと年取って子供産めないよ」と叱られたことが幾度かある。

これらの言葉は根拠がないばかりかセクシャルハラスメントともいえるもので読者の皆様が気にする必要はない。

しかし、この女性は子供を産むものと言う旧態然とした価値観が変わらない限り、必要以上に不妊に悩む女性の数は減らないと言われている。

関連記事

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣、子宮、精巣等各生殖器官の問題

記事を読む

男性の不妊

生殖は男女両性が協力して行い、その結果得た子供を共に守り育てていくための第1歩である。 すべて

記事を読む

不妊症と少子高齢化

結婚にまつわる歴史を紐解いてみると必ずレビラト婚と言う言葉が出てくる。 これは子供を持たずして

記事を読む

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約1割が妊娠しづらいことに悩んで

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑