*

月経周期と妊娠 – 妊娠のメカニズムと不妊症

子を授かることを望むカップルの多くがまず試すのがタイミング法と呼ばれる月経周期を利用した妊娠確率の上昇法だ。

月経とは女性の身体が子供を育てるために蓄えた子宮内膜の栄養と排卵して時間が経った卵子を定期的に体外に排出して胎内の環境を整えるための周期性を持ったシステムである。

ドイツ語、フランス語など名詞に性がある言語では月、海などは女性名詞となることが多い。

これは月齢や潮の満ち引きと女性の身体の周期がほぼ重なりあうことによるものである。

生理のことを「月経」、「月のもの」と呼んだり、初めての月経を「初潮」と呼んだりすることもそこからくるものだ。

通常、経血が体外に排出されている状態を月経と呼び、その期間は数日から1週間程度である。

周期は月齢と同じく28日前後が標準的だと言われているが、体質によって周期は異なるので定期的に月経が来ていれば標準の枠内の中に納まらずともあまり気に病む必要はないそうだ。

ただし、1月に2回くる、生理でもないのに少量の出血が長く続く、逆に全く来ない等の変化があった場合は早めに受診をしてほしい。

また、痛みが強い、色がどす黒い、異常な匂いがする、血塊が出る逆に薄すぎて流出が止まらない等と言った状態は子宮内膜症や子宮筋腫の兆候であることもあり、これらは不妊に繋がりやすい疾患だと言われている。

通常卵巣から子宮への卵の移動すなわち排卵はこの28日周期の半ばに起きる。

基礎体温は排卵の前に下がり始め、排卵するとあがるため、毎日測定すると妊娠しやすい日が推測できるようになるそうだ。

関連記事

卵子とは – 妊娠のメカニズムと不妊症

人間が保有するすべての細胞のうち、性染色体Xの遺伝子情報を持ち、精子と結び合わされることで細胞分裂を

記事を読む

精子とは – 妊娠のメカニズムと不妊症

精子とは男性の染色体情報を搭載した生殖細胞である。 精子自体は大変小さいが長い尾によって卵子ま

記事を読む

生物と妊娠 – 妊娠のメカニズムと不妊症

双生児等の例外を除けば私達ヒトは通常、1回の分娩で1人の子を産む。 他に馬や牛、イルカ、象など

記事を読む

妊娠とは

妊娠は「はらむ」という読みの言葉をふたつ重ねて書く言葉である。 このふたつの文字は両方とも女性

記事を読む

卵子は暖かいのが好き? – 妊娠のメカニズムと不妊症

私達の体表面は普段35度台から37度台にその温度を保たれている。 外気にさらされない口の中や直

記事を読む

涼しいのが好きな精子 – 妊娠のメカニズムと不妊症

パートナーを妊娠させられるかは男性の精液に含まれる精子の数の多寡と、その精子がいかに元気に活動できる

記事を読む

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑