*

血中ホルモン測定検査と不妊検査

「子供が欲しくても、なかなか授かることが出来ない」と悩んでいる方の中には、「不妊治療をはじめてみよう」と考えている方もいると思います。 いざ、不妊治療となると、不安に感じる方も多いと思います。

続きを見る

クラミジア検査と不妊検査

不妊治療のためには、まずは何が不妊の原因となっているのか検査を行い、調べていく必要があります。 様々な検査がありますが、その中でもクラミジア検査について、ご紹介しましょう。 クラミジア感染

続きを見る

子宮卵管造影検査と不妊検査

不妊治療を行なっていく場合には、不妊の原因を調べるためにも、様々な検査を行っていくことになります。 基礎体温や血中ホルモン測定検査、クラミジア検査などを行い、異常が見られなかった場合には、更に詳

続きを見る

月経血培養検査と不妊検査

不妊症で悩んでいる方の中には、「普段から、生理に違和感がある」と感じていう方もいると思います。 不妊症の場合には、この生理の血液により、検査を行うこともあります。 では、不妊症検査のひとつ

続きを見る

超音波検査と不妊検査

女性の方の中には、「周りでは、どんどん子供が出来てきているのに、うちだけどうして出来ないのだろう?」と悩んでいる方もいると思います。 お友達などが、次から次へと妊娠し始めると、焦ってきてしまう気

続きを見る

腹腔鏡検査と不妊検査

不妊治療のために、様々な検査を受けている方もいると思います。 不妊症の検査は、様々な種類がありますから、それぞれの状態によって、受ける検査も異なってきます。 では、不妊治療の一環として行わ

続きを見る

尿中LH検査と不妊検査

不妊治療を行っていくためには、まずは不妊の原因がどういったことから来ているのか、調べていく必要があります。そのため、様々な検査を受ける必要があります。 では、不妊治療の検査のひとつ、尿中LH検査

続きを見る

フーナーテストと不妊検査

不妊治療をしようと考えている方の中には、「これから、検査をしよう」と考えている方もいると思います。 不妊治療を行うための検査は、様々な検査があるため、検査をはじめる前には、「どこまで、検査を行う

続きを見る

不妊と性機能障害

不妊で悩んでいる方の中には、「女性側に、原因があるだろう」と考えている方も多いと思います。 しかし、不妊の原因は女性に限られるものではありません。 男性不妊となっている可能性もあります。

続きを見る

不妊と造精機能障害

「不妊で悩んでいる」というご夫婦の中には、旦那さんはまだ検査を行っていないというご家庭もあると思います。 「不妊は、女性側に原因があるだろう」と決めつけている方も多いと思いますが、男性不妊という

続きを見る

不妊と精管通過障害

男性の方の中には、「もしかしたら、自分が原因で妊娠に結びつかないのでは?」と不安に思っている方もいると思います。 不妊治療は、あくまでも夫婦で協力して行っていく必要がありますので、男性も検査など

続きを見る

精液検査と不妊検査

不妊治療というと、「女性が行うもの」と考えている方も多いと思います。 しかし、不妊の原因は男性側にあることもあります。 そのため、不妊治療を行っていくためには、男性も積極的に検査などを行う

続きを見る

精巣検査と不妊検査

不妊治療は、夫婦で協力をして進めていく必要があります。 その一歩としては、夫婦ともに検査を行うということではないでしょうか。 男性の場合には、「検査に、抵抗がある」という方も多いと思います

続きを見る

超音波検査と不妊検査

男性の方の中には、「不妊治療は、女性が治療をするもの」と思い込んでいる方も多いと思います。 しかし、不妊の原因は男女ともに、同様に考えられます。 そのため、男性も同じように検査を行っていく

続きを見る

不妊と食生活

不妊症が増えている原因は、大気汚染の問題や、食生活の問題、ストレス社会の問題、性の開放による堕胎手術の増加など色々挙げられています。 これらが重なって、10組中1組が不妊とまで言われる現状になっ

続きを見る

不妊治療とメンタル面

不妊症の治療を受けた人の感想を聞くと、肉体的・精神的・経済的にストレスが大きいと言います。 特に治療に臨んで、今度こそは!という期待に反して生理が来た時、検査薬で陰性だった時の落胆が何度も繰り返

続きを見る

不妊症の治療と費用

今や10組に1組程の高い割合で不妊の可能性があると言います。 昔は、子供が出来ない場合、女性の側の問題として捉えられる風潮がありました。 しかし、これだけケースが増え、検査の精度も上がって

続きを見る

不妊症と情報化社会

情報化社会の現在では、メディアやインターネットで不妊症に悩む人の話を聞くことができます。 共感出来たり、不妊症という同じ悩みを持つ人のサークルがあり、茶話会まで各地で開催されたりしています。

続きを見る

妊娠、出産の科学と神秘

不妊症の研究が進んで、検査などでほとんど原因が分かるようになってきました。 治療効果は飛躍的に上がっていますが、男女とも具体的な原因はないが子供ができないケースもあります。 不妊治療をあき

続きを見る

妊娠とストレス、叔母の助言

「仕事は何歳になってもできる、でも子供はいつまでも産めない」 そう教えてくれたのは、すでに55歳になる、子供のいない私の叔母の言葉です。 叔母は生命保険会社でバリバリのキャリアウーマンで、

続きを見る

いつまでも妊娠できるは誤解

芸能界でも活躍している有名女子ゴルファーの方が、自らの不妊治療についてメディアやブログなどで告白しました。 芸能人といえども同じ悩みを持つものとして、勇気づけられた人は大勢いると思います。

続きを見る

不妊治療を開始する時期

不妊とは、避妊せず性交があるのに2年以上子供を授からない場合を言います。 しかし、最近では「こうのとりにおまかせします」などと、悠長なことを言っていられない年齢で結婚する女性が増えてます。

続きを見る

いろんな不妊症

一人目の子供はすぐに授かったが、二人目以降がなかなか授からない不妊のことを、‘続発性不妊症’といいます。 「一人出来たなら、二人目もそのうちできる」とか、「一人も授からない人もいるのだから、まだ

続きを見る

不妊症と女性の社会進出の関係

女性の社会進出はめざましく、仕事で生きがいを感じ、一生仕事を続ける女性も多くなりました。 女性の時代到来かと感じる瞬間が多々あります。 それに伴い、生涯未婚率は男女とも増加し、初婚年齢は上

続きを見る

不妊症について、はじめに

私達ヒトは女性の胎内でその子を或る程度の大きさにまで育て、出生してから

不妊症 カテゴリー コンテンツ一覧

不妊症TOP 不妊症について、はじめに 不妊症 カテゴ

不妊症とは?

不妊症とは単一且つ特定の要因による疾患を指す言葉ではない。 卵巣

不妊症の患者数

その原因を問わなければ不妊に悩む人達の数は相当数に上る。総人口のうち約

女性の不妊

女性は卵巣、そこから卵を運ぶ卵管、受精をした卵を受け止め栄養を与えて守

→もっと見る

PAGE TOP ↑